清田産婦人科医院

求人はこちら

清田産婦人科医院

お産後

入院中Hospitalization

お産後2時間は分娩室で休んでいただきます。
お母さんの出血や全身状態の管理を行います。赤ちゃんの状態が良ければお母さんに抱かれ最初の授乳にチャレンジできます。お母さんを労いゆったりとしたご家族の時間を過ごすことも可能です。

入院中は、まずお母さんの産後の疲れが回復できますように援助いたします。回復に応じて赤ちゃんとの生活に徐々に慣れていただきます。
赤ちゃんの抱っこの仕方、寝かせ方、おむつのかえ方、母乳の含ませ方、ミルクの与え方、沐浴の仕方等、ひとつひとつ丁寧に手を取ってお伝えいたします。
また、お昼のお食事をしながら、退院後の生活の工夫、赤ちゃんの健康管理、母乳育児、家族計画について話し合い、スタッフを交えてお母さん同士の情報交換を促し退院後の生活がイメージしやすいように支援いたします。

夜も2~3時間おきに赤ちゃんに母乳をあげたりオムツを替えたりとお母さんは忙しいです。お母さんが疲れた時にはスタッフにSOSを出してくださいね。赤ちゃんをお預かりし、お母さんには少し休んでいただきます。また、産後は気持ちのアップダウンが大きい時期です。些細なことに傷つきやすくなることもあります。そんな時もスタッフがしっかりお話をお聞きしますので遠慮なくご相談くださいね。そんな忙しい新米ママさんにとってお昼の来客は嬉しいものですが、たくさん重なりますと負担になることもあります。お昼寝も必要ですので短時間のお見舞いにお願いいたします。

退院の時期は、普通分娩に方は出産された次の日を1日目として5日目が退院日です。また、帝王切開での出産の方は7日目が退院日になります。経産婦さんで経過が良好な方は短くなることもありますのでご相談ください。

退院後についてDischarge

退院後、一ヶ月健診までによくある心配事

まずは電話でご相談ください。必要があればご来院ください。

赤ちゃんの心配事
  • 赤ちゃんがやせていっている気がする。おっぱいを吸ってくれない。ミルクの飲みが悪い。吐いてばっかりいる。噴水のように吐く。
  • 便の回数が少ない。便の色が気になる。便が水っぽい。便に血が混じる。便が白っぽい。
  • おしっこの回数が少ない。
  • 熱がある。呼吸が速い。ゼコゼコいう。顔色や全身の色が悪い。寝てばっかりいる。ぐったりしている。活気がない。けいれんをおこす。いつもと違うすごい泣き方をする。
  • 皮膚が黄色みが増している。
  • お腹が膨れてパンパンしている。
  • お臍から血が出る。お臍の周りから嫌なにおいがする。お臍の中に赤い肉芽が盛り上がっている。出臍が気になる。
  • 目ヤニ。顔の湿疹。全身のかぶれ。オムツかぶれなど。
お母さんの心配事
  • 生理の2日目の様な出血が続く。血の塊がたくさん出た。
  • オリモノの匂いが変だ。
  • お産の傷の痛みが増してきている。下腹が痛い。
  • 乳腺炎かも?(乳房痛、しこり、発赤、熱発)
  • 風邪症状、胃腸炎症状、頭痛、ヘルペス。
  • 気持ちが落ち込む、眠れない、泣いてばかりいる、食事がとれない、育児する気になれない。

退院後一週間健診

赤ちゃんの健診です。赤ちゃんの体重などを計測し、また、全身状態を観察します。お母さんの心配事などもお聞きし、少しでも心が軽くなり楽しく育児ができますように配慮したいと思います。また、お母さんの体調が気になる場合はいつでもご相談ください。

一ヶ月健診

出産して一ヶ月目のお母さんと赤ちゃんの健診です。赤ちゃんは退院後一週間健診と同様、また、お母さんは血圧、体重、問診、内診室での検査があります。貧血の検査などが必要なこともあります。
一ヶ月健診で特に問題がなければ赤ちゃんは産婦人科卒業です。それ以降の赤ちゃんの心配事は近くの小児科を受診ください。お母さんは引き続き何か心配事があれば引き続きご相談ください。授乳中にも内服可能な治療をいたします。

おっぱいが張って痛いとき(乳腺炎かな?と思ったら…)

しこりがある、赤くなっている、痛い、熱っぽいなどの症状はございませんか?
夜中の授乳間隔が3時間以上空いてきていませんか?カロリーの高いもの、甘くておいしいものを食べていませんか?そのような時はまず以下のことをお試しください。

  • 3時間以内には吸わせてみましょう
  • 痛い方から先に飲ませてみましょう
  • 抱き方を変えてみては…(脇抱きなど)
  • 授乳が終わったら、キャベツ湿布を

それでも解決しなければ、清田産婦人科医院にお電話ください。

あまり好ましくないこと
  • 蒸しタオルで温めての自己マッサージ
  • 氷で冷やすこと
効果があること
  • 乳頭、乳輪部の刺激
  • しっかり吸わせましょう
さけた方が良い食べ物
  • 甘いもの
  • 高カロリー食品
  • 香辛料の強い物(カレー、キムチ)
  • 乳製品飲料

※張りがひどくて熱感があるときは、キャベツ・湿布も効果があります。

母乳栄養の食事

取りすぎない方が好ましいもの
  • 乳製品
  • 油物などの高カロリー食
  • バター製品などの動物性脂肪
  • ケーキ、チョコレートなどの甘い物
  • 濃い緑茶、コーヒー
  • ウーロン茶

おっぱいの質を悪くし、乳腺を詰まりやすくします → 乳腺炎

おすすめの食品
  • 大豆製品
  • 野菜

などを中心に比較的低カロリーにしましょう。
1日30品目以上(色んな種類)をバランスよくとりましょう。
出産後のダイエットにも効果的です。

診療内容Clinic’s medical list

  • お産に備える
  • お産後
  • 婦人科